アジア・バロメーター:概観

アジア・バロメーターとは?

  • 東・東南・南・中央アジアを網羅するアジア最大の比較世論調査
  • 一般市民の日常・家族・近隣社会・職場・社会的/政治的制度・経済市場との関係性に焦点を当てる
  • 共通の調査フレームワークに基づく一般的な調査方法による全国規模の対面調査

アジア・バロメーターの組織

  • 本拠地:新潟県立大学 東京サテライト
  • 共同研究センター:東京大学東洋文化研究所附属東洋学研究情報センター

アジア・バロメーターの調査方法とは?

  • 調査法に伴いがちな,立ち入った行為を最小限に抑える
  • 異なる文化に対する配慮を高める
  • 国家横断的な分析に加え,全地域的な分析(アジア全域)に焦点を当てる

アジア・バロメーターの目標

  • 物質的・心理的・社会的な次元から一般市民の日常生活を描く
  • 普通の人々が自らの生活をどのように認識しているかを評価する
  • 個人や国民の生活水準を向上させる為に必要と思われる物やサービスを評価する
  • 発展・民主化・地域化それぞれの可能性を評価する

アジア・バロメーターの学術以外の側面

インフラの構築
東・東南アジア,南アジア,そして中央アジアにおける比較世論調査研究のインフラを構築
ネットワーキング
アジアバロメーターを基盤に、アジア全域において研究者のネットワークをつくりあげる
マーケティング
一般市民の日常生活に関する調査データを蓄積・整理し,潜在的な巨大マーケットに備える

世界からの反響